【成功事例付き】ドローンを活用した業務効率化を詳しく解説!

投稿者:

(はじめに)

国内でも災害・事故発生時の初動対応にドローンが活用されるようになりました。また、建設現場の調査や安全巡回のためにドローンが活用されています。ドローンは進化してきており、映像・画像を収集するだけに終わらず、さまざまな利用用途が出てきました。

先進国ではドローンを活用した業務効率化が進んでおり、国内でも普及していくことでしょう。実際に、どのような業務効率化方法があるのでしょうか?この記事では、ドローンを活用した業務効率化について詳しく解説します。 

ドローンで収集できるデータ

ドローンで収集できるデータは、主に4種類の分類できます。

(1)ビジュアルデータ

ビジュアルデータとは、ドローンが収集する画像・動画のことをいいます。関心のある領域や建物を飛行することで、空上から撮影してデータを収集していきます。空撮や点検などに利用されるデータです。ドローンの登場により、遠隔地からでも橋梁や建築物を点検でき、トンネル調査の実施にも役立てられています。

 (2)熱データ

ドローンに赤外線カメラを取り付けると、熱データを収集することができます。物体の表面から放出される赤外線に基づき温度を測定できます。現在の温度の分解能は0.1度です。建物の屋根に取り付けられた太陽光パネルの検査や、精密農業に役立てられています。

(3)LIDARデータ

LIDAR(light detection and ranging)データとは、レーザー光線を使用して地表を高密度でサンプリングする技術に使用されるものです。これまで航空機レーザーマッピングが使用されていましたが、ドローンでで同等の技術が行えるとして注目を浴びています。

3Dマップを作成する際に利用するデータです。LIDARは、樹木や地面に浸透するため、地下に隠された構造物を発掘することができるため、考古学者の研究に役立てられています。

(4)スペクトルデータ

スペクトルデータとは、電磁スペクトルの反射エネルギーを測定することで得られるものです。農業の植物の状態を監視するために使用したり、不法侵入者を検知するために使用されたりするデータです。

(出典:FRYABILITY「COMMERCIAL DRONES: INDUSTRIES THAT USE DRONES, DELIVERABLES, AND OUR LIST OF THE TOP MODELS ON THE MARKET」)

 

ドローンを活用した業務効率化

ドローンを活用した業務効率化には、次のようなものがあります。

 

検査時間の短縮

従来は足場を組んで行っていた高所や狭隘部の点検や検査業務をドローンで行えば、大幅な時間短縮とコスト削減に繋げられます。火力発電所のボイラー点検や橋梁点検、工場、ビル等の外観検査にドローンが活用されています。

進捗状況の監視

ドローンを活用すれば、空上からリアルタイムの状況を監視することができます。現場で不具合が起きていないか監視することはもちろん、不審者の検知として活用されることも多いです。海外では、不審船の監視や不審者の侵入検知をドローンで行っています。

迅速な輸送の実現

ドローン配送を活用すれば、交通道路の込み具合に影響を受けずに済みます。そのため、配送業務を大幅に効率化できるのです。また、過疎地域や離島などにも品物を届けられるなどメリットがあるため、世界各地でドローン配送の実証実験が行われています。米国では、商用利用が始まっています。

バーチャルツアー活用

ドローンとVRを組み合わせることで、バーチャルツアーを実現。普段見ることができない角度から街並みが楽しめるとして、新たな観光ツアーとして注目を浴びています。また、建設途中の建物を見学するというバーチャルツアーを展開している企業もあります。 

農業の省人化

農業労働者は高齢化しており、継承人不足が問題視されています。この問題を解決するためにも、ドローンが活用されています。植物の状態を監視して、農薬を散布する場所をマッピング。農薬の散布まで自動化できるようになりました。

(出典元:REDTEAM「How Drones Increase Efficiency on Job Sites.」)

(出典元:Qii.AI「How Drones Improve Safety and Efficiency across Industries」)

 

【業界別】ドローンによる業務効率化方法

農業 植物の生育状況確認、農薬散布、森林情報の可視化
保全 高所点検、太陽光パネルの定期目視点検、文化財の屋根点検、広大な芝生の点検
建設 工場の進捗管理、建物のゆがみ確認、土の量の確認
物流 過疎地域や離島への物流、血液輸送
保険 保険請求に必要な情報の撮影
鉱業 鉱山地図の作成
石油・ガス ボイラー点検
発電 高所や狭隘部の点検や検査業務
下水道 下水道管の点検。
エンタメ 空中ショット

(出典:FRYABILITY「COMMERCIAL DRONES: INDUSTRIES THAT USE DRONES, DELIVERABLES, AND OUR LIST OF THE TOP MODELS ON THE MARKET」)

 

ドローン業務効率化の成功事例

先進国では、ドローンを活用した業務効率化の取り組みが始まっています。ここでは、ドローン業務効率化の成功事例をご紹介します。

 建設の各検査を効率化(Caterpillar社)

https://www.youtube.com/watch?v=uju_5XVH3a4&t=116s

建設機械メーカーのCaterpillar社は、建設現場のマッピングや測量、点検をドローンで行っています。工事現場では、重機が掘削や積込作業をしていますが、設計図を参考に工事をしています。そのため、設計図を描くための測量が欠かせません。

従来の測量は望遠鏡とメジャーが使用されていましたが、ドローンによるレーザー測量が実現できるようになりました。また、3Dモデリングを作成できるため、どのような重機を使用すれば良いかを明確にできます。

従来の方法では、測量に数時間を要しますが、ドローンを活用すれば15分程度で測量が終えられます。Caterpillar社の建設現場の測量、点検の効率化は建設業界から大きな注目を浴びているのです。

 倉庫の在庫管理を効率化(Walmart社)

https://www.youtube.com/watch?v=5N87L_nO2ms

世界最大のスーパーマーケットであるWalmart社では、在庫管理にドローンが使用されています。ドローンカメラは管制センターと連携しており、在庫が一致した場合は緑色、在庫が一致しない場合は赤色に表示される仕組みになっています。3万3000坪にもなる流通用倉庫の在庫管理業務をドローンで効率化。

また、同社は2021年にドローン配送業務を開始すると発表しました。動画は、Walmart社が導入しているDSV社の活用事例です。

ドローン配送(Wing社)

https://www.youtube.com/watch?v=wCTKwkYzVzo&t=13s

Google系列のドローン企業Wing社では、商用ドローン配送サービスを展開しています。米国発の商用ドローンサービとして大きな注目を浴びている企業です。複数のパイロットがドローンを操作して、一般消費者に宅配荷物を届けています。

現地点では、薬局や小売業の商品が届けられており、消費者が注文をしてから数分で配達されるようになっています。配送業務の効率化として大きな注目を浴びている成功事例です。

 

ドローン業務効率化に関する質問

ドローン業務効率化を実現するために、よくある質問をご紹介します。

 Q.ドローン操縦許可を取得する必要はありますか?

ドローンを操縦するためには、国土交通省の許可が必要となります。

また、ドローン利用が交通道路に影響を及ぼす場合は、道路交通法の適用対象となります。この交通道路は車道だけではなく、歩道も含まれているためご注意ください。ドローンを利用する所在地を管轄する警察署長から道路許可を得てください。ドローン操縦関連の資格取得などは必要ありません。

 Q.どのような商用ドローンがありますか?

商用ドローンは、利用用途に応じてさまざまなものが販売されています。

  • DJI Matrice 300 RTK —屋外検査
  • Flyability Elios 2 —屋内検査
  • DJI Mavic 2 —航空写真/ビデオ撮影
  • Freefly Alta 8 —ハイエンドのシネマトグラフィ
  • DJI Agras MG-1 —農業
  • Parrot ANAFI USA —公共の安全
  • senseFly eBee Classic —マッピングと測量

Q.ドローン操縦士はどのように採用すべきですか?

ドローン操縦士の代表的な仕事には「測量操縦士」「薬品散布操縦士」「カメラマン」「セキュリティドローン操縦士」などがあります。目的に見合ったものを選びましょう。ドローン操縦士の平均年収は約400万円です。

専属のドローン操縦士を採用する必要がない場合は、従業員にドローン操作を学ばせる方法もあります。

 (出典:FRYABILITY「COMMERCIAL DRONES: INDUSTRIES THAT USE DRONES, DELIVERABLES, AND OUR LIST OF THE TOP MODELS ON THE MARKET」)

まとめ

ドローンは動画や画像のデータ収集だけではなく、熱、LIDAR、スペクタルのデータ収集が行えます。また、農薬の散布や配送などの業務効率化方法もあります。ビジネスドローンと検索をすれば、さまざまな業務効率化の成功事例が出てくるため、注目を浴びているドローンの効率化を検討してみてください。